ホンダ フィット3 デントリペア (雹被害)

ホンダ フィット

ホンダ フィット

8月2日、埼玉県本庄市にて、降雹がありました。

その際に、被害に遭ってしまい、お車のルーフやボンネット、両サイドのピラー部分など、ほとんどのパネル部分に被害があり

デントリペアにて修理を行いました。

ボンネットの被害

ボンネットの被害

ルーフ&ピラーの被害

ルーフ&ピラーの被害

ルーフ&ピラーの被害

主要部分のヘコミ数

ボンネット・・・・20個

ルーフ(屋根)・・約120個

右ピラー部・・・・14個

左ピラー部・・・・13個

その他部分・・・・各ドア、フロントフェンダー・リアフェンダー・リアゲート(特に上部)

オーナー様は、新車で購入、そして納車後すぐに被害に遭われてしまったそうです。

ショックはかなりのものだと思います。特にボンネットに大きなヘコミが、、、ボコッ!っと。。。

でも、周囲の方々から適切なアドバイスが♪

デントリペアに辿り着きました♪

デントリペアはヘコミ部分に特殊な工具を使い、ヘコミを無かったことにしていきます。

なので、パテを使用せず再塗装も行わない、何よりもルーフのヘコミ修理には大きなメリットが!

通常、へこみの数が多いとルーフパネルは交換することになるケースがほとんどです、、、ということは?

そう!修復暦が残ってしまうのです。でも、デントリペアなら交換しないので。。。

そして、もう一つ!

オリジナルの塗装が維持できること。メーカー出荷時の塗装がそのままなのです。

これって実はかなり重要なんですよ。

そのほか、いろいろ書きたいのですが、、、長くなるので、、お次のお車のご紹介のときにでも。