カテゴリー : デントリペア(雹被害)

お車が降雹被害(ひょう)に!!!

先日、都内において大きな雹(ひょう)が降ってしまうという事態が起こってしまいました。

関東近県の「デントリペア」サービス店、技術者のHPやブログを見ているとこの話題がやはり多いですね。

という当店も当然に降雹(こうひょう)によってルーフやボンネットボコボコになってしまったお車のデントリペアによる修復作業を行っております。

1

黄色いテープの貼ってる場所が雹の被害によって凹んでしまった部分です。

2

3

当然にボンネットやルーフ部分以外にも被害を受けてしまいます。

4

このように小さいヘコミが大量にあるというお車もあれば、ニュースなどで放送された地域(池袋など)ではもっと大きなヘコミが大量にできてしまったお車もあります。

はっきり言って今回の降雹被害においてはすべてのお車をデントリペアにて修理することができるか?というと無理な状態のお車もあります。

そうは言ってもオーナー様の中にはルーフだけはなんとか死守したい。。というお気持ちの方々も多くいらっしゃいます。

当然、デントリペアにて修復可能なヘコミであればルーフに限らずすべてのヘコミをデントリペアにて修理致します。

しかしながら、このボンネットは無理だなぁ。。。とか、このピラーも完全修復できないなぁ。。。といったものがある場合、困った状態に陥ってしまいます。

ボンネット以外はデントリペア、その他は交換もしくは鈑金塗装、、、、

さて、ボンネットはデントリペア業者に持ち込んで、そのほかを鈑金屋さん、、もしくはディーラーさんへ。。

面倒ですね。

多分、ディーラーさんなどはすでに大混雑です。下手すると数か月待たされてしまう可能性もあります。

といっても当店でも少しお待ちいただく可能性は大なのですが。。

で、、、どうするかというと、当店ではデントリペア業者としてはちょっと珍しいかもしれませんが、

 

交換もしくは鈑金塗装が必要なお車も引き受けしております!

デントリペア業者にて断られてしまったオーナー様!お気軽にご相談ください。

鈑金塗装工場様と協力体制を整えておりデントリペア修理と鈑金塗装修理を同時に行うことが出来ます。

もちろん全部デントリペア、全部鈑金塗装どちらでも可!

そして、ご要望のオーナー様には「積載車」利用による「引き取り」「納車」も行います。

便利でしょ?

 

BMW 3シリーズ (F30) デントリペア (雹被害)

BMW 3シリーズ (F30)

BMW 3シリーズ (F30) 

雹被害(ボンネットの状況)

F30ボンネット

雹被害(ルーフの状況)

F30雹被害(ルーフの状況)

埼玉県本庄市において昨年の8月に雹の被害にあってしまったお車です。

被害の多かった中心部に近い場所で被害にあわれたようでした。

被害状況書類

f30被害状況

ほぼ全面ひ被害が。。。。。

でも大丈夫♪一つ一つ丁寧に凹みを無かったことにしていきます。

F30作業

作業終了後には、お車を外に出して最終確認。見逃してしまったへこみや歪みが生じていないか確認していきます。

f30完了

ほとんど判らないレベルなのですが、なんとなく違和感のあるところに印をして、最後に仕上げをして終了です♪

 

BMW 3シリーズ (E46) デントリペア (雹被害)

BMW 3シリーズ(E46)

BMW 3シリーズ(E46)

BMW 3シリーズ(E46)

昨年の8月に、埼玉県本庄市において雹の被害にあってしまったお車です。

黄色いマスキング部分が雹により凹んでしまった部分です。

幸いなことに、屋根付きのカーポートに駐車中だったようで、被害は少なめだったようです。

雹の場合、屋根が有る場所でも被害に有ってしまう場合が多々あります。

なぜかというと、雹が降っているときって、かなりの確立で強風が吹いているようなので。。。

このお車の場合被害にあってしまった場所は、ボンネットとルーフの前部分のみでしたが、数はそこそこ。。。

ボンネットのヘコミ修理例

BMW 3シリーズ(E46)ボンネット施工例

 

ホンダ フィットシャトル ハイブリッド デントリペア(雹被害)

ホンダ フィットシャトル ハイブリッド

ホンダ フィットシャトル ハイブリッド

こちらのお車は、日光市にて雹の被害に遭われたお車です。

8月の2日は日曜日、、お出かけされていた方も多いのではないでしょうか?

オーナー様も東京にお住まいですが観光へ。。。

なんてたって新しくなったフィットシャトル♪お出かけしたくなります♪

納車されて1ケ月だそうです。

日光市で降った雹は地域によっては相当大きな雹が降ってきたらしく、ダメージもかなり甚大なお車もあるようです。

幸いなことに、へこみの数は多いものの、デントリペアで修復不可能な凹みも無く、無事に無かったことに♪

ルーフなんて、約150箇所も。。。へこんでたんです。

フィットシャトルのルーフ雹被害

ルーフのヘコミ修理施工例

フィット・ルーフのヘコミ修理施工例

ピラー部分のヘコミ修理施工例

ピラー部分のヘコミ修理施工例

さて、デントリペアですが、雹の被害に遭ってしまったお車の修理には最適だと自負しております。

なぜなら、パテを使用しない、再塗装を行わない、修理期間が短い、保険に加入していれば当然に利用可能、、などなど。

なぜパテを使用しないのがいいのか?

経年により、パテは痩せてしまう性質があります。よって数年後になんとなく雹でへこんでいた場所がうっすらと。。

なぜ再塗装しないのがいいのか?

メーカーによって行われた塗装って、、最強だと思います。

それに、塗装を行わないパネルが生じた場合(雹による被害が無いパネル)塗ったパネルと塗らないパネル、微妙に色が異なってしまうことがあります。パール塗装やメタリック、そして淡い色、日焼けし退色したパネルなどなど。

修理期間が短いと何故いいのか?

1週間も2週間も預けて代車生活。。。気を使いませんか?

なによりも、、ご自身のお車で生活するのが良くないですか???

デントリペアなら、1から2日で修理完了。なので、2日から3日、、ちょっとだけの代車生活で。。

フィットシャトル後ろ

さて、修理完了です。。オーナー様がお迎えにお見えになるのをお待ちしましょう♪

ホンダ フィット3 デントリペア (雹被害)

ホンダ フィット

ホンダ フィット

8月2日、埼玉県本庄市にて、降雹がありました。

その際に、被害に遭ってしまい、お車のルーフやボンネット、両サイドのピラー部分など、ほとんどのパネル部分に被害があり

デントリペアにて修理を行いました。

ボンネットの被害

ボンネットの被害

ルーフ&ピラーの被害

ルーフ&ピラーの被害

ルーフ&ピラーの被害

主要部分のヘコミ数

ボンネット・・・・20個

ルーフ(屋根)・・約120個

右ピラー部・・・・14個

左ピラー部・・・・13個

その他部分・・・・各ドア、フロントフェンダー・リアフェンダー・リアゲート(特に上部)

オーナー様は、新車で購入、そして納車後すぐに被害に遭われてしまったそうです。

ショックはかなりのものだと思います。特にボンネットに大きなヘコミが、、、ボコッ!っと。。。

でも、周囲の方々から適切なアドバイスが♪

デントリペアに辿り着きました♪

デントリペアはヘコミ部分に特殊な工具を使い、ヘコミを無かったことにしていきます。

なので、パテを使用せず再塗装も行わない、何よりもルーフのヘコミ修理には大きなメリットが!

通常、へこみの数が多いとルーフパネルは交換することになるケースがほとんどです、、、ということは?

そう!修復暦が残ってしまうのです。でも、デントリペアなら交換しないので。。。

そして、もう一つ!

オリジナルの塗装が維持できること。メーカー出荷時の塗装がそのままなのです。

これって実はかなり重要なんですよ。

そのほか、いろいろ書きたいのですが、、、長くなるので、、お次のお車のご紹介のときにでも。

BMW 3シリーズ デントリペア(雹被害)

BMW  3シリーズ

BMW E90

先月の6月に、三鷹、調布にて降った「雹」の被害に遭ってしまったお車の修理が完了しました。

詳細はDaily blog

今回、降雹被害のあった地域の中心部に近い場所にての被害のようで、かなりボコボコでした。。