タグ : デリカD:5

ミツビシ 三菱 デリカ:D5 デントリペア

ミツビシ 三菱 デリカ:D5

ミツビシ 三菱 デリカ:D5

ミツビシ 三菱 デリカ:D5 デントリペア施工例

ミツビシ 三菱 デリカ:D5 デントリペア施工前(助手席上の部分(ピラー部)のヘコミ)

ミツビシ 三菱 デリカ:D5 デントリペア施工前(助手席上の部分(ピラー部)のヘコミ)

ミツビシ 三菱 デリカ:D5 デントリペア施工後

ミツビシ 三菱 デリカ:D5 デントリペア施工後

この場所は一般的なデントリペアの修理方法では不可能な場所のヘコミです。

しかし、表面から引っ張って修理するという「プーリング」という方法でヘコミを直すことが可能です。

先ほど一般的な方法では修理が不可能と記載いたしましたが、このプーリングという方法も最近はほぼ「一般的な修理方法」として採用しているデントリペア業者がほとんどだと思いますので

「この場所は修理が出来ません。」といわれることもほとんどないと思います。

しかし、一部ではまだ不可能であると思われている方がいらっしゃるのは事実なのです。

もし、このピラーにヘコミが出来てしまっても諦めないでください。

きっと修理してくれるデントリペア業者が近くにいるはずです♪

ミツビシ デリカD:5 ウインドリペア

ミツビシ デリカD:5

ミツビシ デリカD:5

ミツビシ デリカD:5 ウインドリペア施工例

ミツビシ デリカD:5 ウインドリペア施工例

修理痕は残りますが、綺麗♪

 

Beforeの黒い線の部分がフロントガラス内に出来てしまったヒビ。

白い部分は飛石などが当たってできてしまった表面の欠け。

この欠け部分起点としてヒビが出来ています。

リペアすることにより黒い線のヒビの中にリペア樹脂が充填されて強度を保ち、ヒビが伸びることを防ぎます。

表面が書けた部分は最終処理をして平らにします。

こういったことを行うことにより直していくのです。

これで、車検も問題なく合格することでしょう♪

念のため、、一般整備工場様や、中古車販売店様等でも作業を行っておりますが、

作業後に、車検がこのリペアのせいで不合格になった、、という報告は今のところ受けていません。

車検検査員のかたの主観で判断されるという話も有りますので、絶対大丈夫、とは言い切れないところもあるのですが、

きちんとリペアしたものであれば、多分大丈夫なのかな?と思ってます。

埼玉県秩父市よりご来店いただきました。

ご依頼ありがとうございます。

ミツビシ デリカD:5 デントリペア

ミツビシ デリカD:5

ミツビシ デリカD:5

ミツビシ デリカD:5 デントリペア施工例

ミツビシ デリカD:5 デントリペア施工例

ボンネットのヘコミ、約3cm