タグ : メルセデスベンツ

メルセデスベンツ Sクラス(W222) ウインドリペア 「ガラス下部でも大丈夫です」

メルセデスベンツ Sクラス(W222)

メルセデスベンツ Sクラス(W222)

メルセデスベンツ Sクラス(W222) ウインドリペア施工例

メルセデスベンツ Sクラス(W222) ウインドリペア施工例

フロントガラスの下部にできてしまった飛び石によるヒビです。

通常、フロントガラスの下から〇〇cm以内はリペア不可、と謳っているところもありますが、

カーエイドではウインドリペア作業をおこなっております♪

もし、他店や修理工場や販売店などで、「ガラスのハジに近いのでリペアできません」と言われてしまっても、諦めないでご相談ください。

すべてにおいてご希望に添えるとは限りませんがたぶん、お役に立てると思います。

 

メルセデスベンツ Cクラス (W205)  ウインドリペア チッピング

メルセデスベンツ Cクラス (W205)

メルセデスベンツ Cクラス (W205)

メルセデスベンツ Cクラス (W205)  ウインドリペア チッピング施工例

メルセデスベンツ Cクラス (W205)  ウインドリペア チッピング施工例

フロントガラスの欠け(チッピング)

当店ではかなり依頼の多いガラス修理、表面だけがかけた状態のものです。

車検や安全性(多分)の上では、修理しなくても全く問題ないタイプの傷です。

なぜなら、ガラスの表面に傷がついているだけで、ヒビが生じていません。

なので、ヒビが伸びてしまうという問題が起こりません。

よって、車検や安全性に問題が無いと思われるため、修理も必要が全くないものです。

けれどもぉぉぉ、オーナー様にはいろいろな思いがあるのです、

その思いを、、、お手伝いしております。

きっとこのHP、施工例ブログに「チッピング」というワードでたどり着いた方は何かしら思うことがある方がほとんどだと思います。

一度お気軽にご相談ください。

メルセデスベンツ Eクラス ウインドリペア

メルセデスベンツ Eクラス

メルセデスベンツ Eクラス

メルセデスベンツ Eクラス ウインドリペア施工例

メルセデスベンツ Eクラス ウインドリペア施工例

フロントガラスのヒビ割れ修理

ほんと、いろんなところに石が落ちているんだなぁ、、、、と思うくらい日々ガラスの修理をさせていただいております。

落ちている石をそのまま跳ねてしまったり、タイヤの溝に抱きかかえて走行し何かのきっかけでその石が飛び出してしまう。

もう、防ぎようがないですね。

走行方法を気をつけているオーナー様もいらっしゃいますが、でも被害に遭ってしまう。

なので、ウインドリペア、ガラスリペアという言葉、

そして、ヒビの状態によってはリペア可能ということをどこか頭の片隅に置いておいてください。

ご自身が被害に遭わなくても、きっとそのうち近しい方がそういう被害にあってしまうかも。

その際にはアドバイスしてあげてくださいね♪

メルセデスベンツ Rクラス(W251)  デントリペア 「販売台数はどれくらいなんだろ?」

メルセデスベンツ Rクラス(W251)

メルセデスベンツ Rクラス(W251)

メルセデスベンツ Rクラス(W251)  デントリペア施工例

メルセデスベンツ Rクラス(W251)  デントリペア施工例

ドアのヘコミ、約3cm

 

お電話いただいた際に「Rクラスです。」と、、

全く頭の中で車の形が思い浮かばず、思わずすぐに調べちゃいました。

画像を見れば、「あーーー!あれか♪」とはなりましたが、、、

なかなか見かける機会が少ないですね。あまり売れなかったのかな?

しかも、販売も終了しているみたいです。

ちょっと大きめですが、日本人が好きそうな形をしているのですけどね。

やはり価格だったのかなぁ??

メルセデスベンツ CLA デントリペア 「4ドアクーペなのねん♪」

メルセデスベンツ CLA

メルセデスベンツ CLA

メルセデスベンツ CLA デントリペア施工例

メルセデスベンツ CLA デントリペア施工例

ボンネットのヘコミ、約2cm

 

いつごろからなのでしょう?

なんだかベンツの見た目が攻撃的な感じになってきたのは?

う思うのは私だけ??

とはいっても、全然OK♪  (ちなみに、全然OKっていう日本語はおかしいらしいです(笑))

横、後ろ、様々な方向から写真を撮れば良かった、、、とちょっと後悔中。。。。

でもって、ボンネットはアルミ製ですが、デントリペアでも問題なく修理可能ですヨ。

メルセデスベンツ Cクラス (S204) ウインドリペア 「ヒビのようで。。。」

どうsメルセデスベンツ Cクラス (S204)

メルセデスベンツ Cクラス (S204)

メルセデスベンツ Cクラス (S204) ウインドリペア施工例

メルセデスベンツ Cクラス (S204) ウインドリペア施工例

フロントガラスのヒビのようで、、ヒビではないけど、、元はヒビ

 

もともとヒビができていて、その飛び石によるヒビをリペアしてある場所が劣化して一見ヒビのように見えてしまう状態です。

ウインドリペアというのは、ガラスが完全に復活するものではないので、

時間や使用、保管方法によってどうしても劣化してしまう場合があるのです。

そうして劣化してしまった物は、いつのまにかヒビが出来てしまったように勘違いしてしまう、、といったこともあります。

ご自身でリペアをそのお車で経験されていればそれに気が付きますが、リペアされたものを手に入れた場合はそんなことに気が付くことが少ないのかな?と思います。

 

メルセデスベンツ SLK デントリペア

メルセデスベンツ SLK

メルセデスベンツ SLK

メルセデスベンツ SLK デントリペア施工例

メルセデスベンツ SLK デントリペア施工例

運転席ドアのヘコミ、約1cm

 

ポチッ!っと小さいヘコミなのですが。

綺麗に維持しているお車には似合いません。

ということで、デントリペアにてヘコミを無かったことにしてしまいましょう♪

と、、思いながら。。

通常、ドアのデントリペアはあまり苦労することは少ないのですが、

SLK様、、なんだかそう易々と工具のアクセスを許してくれません。。

鉄板の裏が見えないので、工具で探った感触ですが、なんだか面白い構造をしているようです。全く通常の方法では触れることができませんでした。。なにかやり方があるのかな?

ですが、他のアクセス方法を探ってなんとかミッションクリアです♪

ご依頼ありがとうございました。

メルセデスベンツ Cクラス(W205) ウインドリペア

メルセデスベンツ Cクラス(W205)

メルセデスベンツ Cクラス(W205)

メルセデスベンツ Cクラス(W205) ウインドリペア施工例

メルセデスベンツ Cクラス(W205) ウインドリペア施工例

高速道路走行中に飛石が!

 

走行中に飛石がフロントガラスに当たって、ヒビができてしまいました。

対処方法は2つ。

ガラスリペアをするかフロントガラスを交換するか。

放置はありえません、なぜなら、放置しておくとそのヒビが伸びてしまう可能性が高く、もしそうなってしまった場合はガラス交換をしなければいけなくなるから。

なおフロントガラスは高額な出費となる可能性が高いのです。

お財布に優しいガラスリペアを選択するのが良いのではないでしょうか?

その傷がどうしても気になる場合は交換するしかありませんが。

でも、ガラスリペアってけっこう皆さんが思っているより綺麗に直るんですよ♪

是非一度ご検討ください。

ご依頼ありがとうございました。

メルセデスベンツ Sクラス チッピング ウインドリペア

メルセデスベンツ Sクラス

メルセデスベンツ Sクラス

メルセデスベンツ Sクラス チッピング ウインドリペア施工例

メルセデスベンツ Sクラス チッピング ウインドリペア施工例

フロントガラスのチッピングです。

 

フロントガラスに飛石によりヒビができてしまうのと、表面が欠けただけで済んでしまうのは、紙一重なような気がします。

少し石が大きかったら、、飛んでくる石のスピードが少し速かったら、、車の速度も然り。

かといって、よけることもできない。。。うーーーん困ったものです。

でも、専門店ではヒビもチッピングも修理にてお手伝いできます。多分できると思います。当店ではできます(笑)

ただ、チッピングは稀に、、これは手を出さないほうが良いかも?というのも有ります。

多数の実績があるので、仕上がりの状態が予想できます。これは??というのもありますのできちんとご説明させていただいております。

その上で修理するかしないか、説明を聞いた後にご判断いただければと思います♪

でも、何故だか皆さん、、手当てしますね。。その理由も判ってます(笑)いやごめんなさい、、笑い事じゃないのですけれどもね。

ヒビはお早めに手当てを。そしてチッピングはお気軽にご相談ください。

東京都練馬区よりご来店いただきました。

ご依頼ありがとうございました。

メルセデスベンツ SLK デントリペア

メルセデスベンツ SLK

メルセデスベンツ SLK

メルセデスベンツ SLK デントリペア施工例

メルセデスベンツ SLK デントリペア施工例

ルーフにできヘコミ、約3cm。。

 

このお車の場合、ルーフといっても。。バリオルーフというハードトップを備えたオープンカーなのです。

ということは、オープンカーですが、幌ではなく鉄でできた屋根の開閉が行われるお車なのです♪

当然、幌のように布ではないので、、、なにかの拍子に凹んでしまうこともあるんですね。

さて、どうやって直しましょうかね?

通常の屋根であれば、天張りを外して裏から押すのがセオリーかと思いますが、どうやら調べてみるとデントリペア工具のアクセスがもしかしたら不可能な構造になっている可能性も。。。

そして、デントリペアとは直接関係ないものの、輸入車特有の経年により天張りの垂れ下がりが生じる可能性がありそうなお車っぽい、このデントリペア作業がきっかけとなりその症状が出てくるのを早めてしまうかもしれないので、避けようかな。。と。。。多分、アクセスも無理そうだし。。。。いや、いけるのか??でも、、冒険したくないなぁ。。。と

そうすると、プーリング(引っ張り)で直すことに決定。

幸い、再塗装された形跡も無く、塗装に傷も無いので全く問題なし。

はい、ということで難なく完了♪

ただ、今回は天張りを外さないで修理するプーリングによる方法を選択できましたが、ヘコミ次第ではどうしても外さなければならない場合もあります。

どういう方法で直すかは、お車を持ち込んだお近くのデントリペアショップ等でご相談してみてください。

埼玉県さいたま市よりご来店いただきました。

ご依頼ありがとうございました。