タグ : SLK

メルセデスベンツ SLK デントリペア

メルセデスベンツ SLK

メルセデスベンツ SLK

メルセデスベンツ SLK デントリペア施工例

メルセデスベンツ SLK デントリペア施工例

運転席ドアのヘコミ、約1cm

 

ポチッ!っと小さいヘコミなのですが。

綺麗に維持しているお車には似合いません。

ということで、デントリペアにてヘコミを無かったことにしてしまいましょう♪

と、、思いながら。。

通常、ドアのデントリペアはあまり苦労することは少ないのですが、

SLK様、、なんだかそう易々と工具のアクセスを許してくれません。。

鉄板の裏が見えないので、工具で探った感触ですが、なんだか面白い構造をしているようです。全く通常の方法では触れることができませんでした。。なにかやり方があるのかな?

ですが、他のアクセス方法を探ってなんとかミッションクリアです♪

ご依頼ありがとうございました。

メルセデスベンツ SLK デントリペア

メルセデスベンツ SLK

メルセデスベンツ SLK

メルセデスベンツ SLK デントリペア施工例

メルセデスベンツ SLK デントリペア施工例

ルーフにできヘコミ、約3cm。。

 

このお車の場合、ルーフといっても。。バリオルーフというハードトップを備えたオープンカーなのです。

ということは、オープンカーですが、幌ではなく鉄でできた屋根の開閉が行われるお車なのです♪

当然、幌のように布ではないので、、、なにかの拍子に凹んでしまうこともあるんですね。

さて、どうやって直しましょうかね?

通常の屋根であれば、天張りを外して裏から押すのがセオリーかと思いますが、どうやら調べてみるとデントリペア工具のアクセスがもしかしたら不可能な構造になっている可能性も。。。

そして、デントリペアとは直接関係ないものの、輸入車特有の経年により天張りの垂れ下がりが生じる可能性がありそうなお車っぽい、このデントリペア作業がきっかけとなりその症状が出てくるのを早めてしまうかもしれないので、避けようかな。。と。。。多分、アクセスも無理そうだし。。。。いや、いけるのか??でも、、冒険したくないなぁ。。。と

そうすると、プーリング(引っ張り)で直すことに決定。

幸い、再塗装された形跡も無く、塗装に傷も無いので全く問題なし。

はい、ということで難なく完了♪

ただ、今回は天張りを外さないで修理するプーリングによる方法を選択できましたが、ヘコミ次第ではどうしても外さなければならない場合もあります。

どういう方法で直すかは、お車を持ち込んだお近くのデントリペアショップ等でご相談してみてください。

埼玉県さいたま市よりご来店いただきました。

ご依頼ありがとうございました。